?

佐賀市適応指導教室「くすの実」で大學院生らが理科実験教室を実施

PRESS_RELEASE

【概要】

 令和2年6月19日(金)に,不登校支援機関の適応指導教室「くすの実」にて理工學部の教員と工學系研究科及び先進健康科學研究科の大學院生、理工學部機能物質化學科の學生らが本年度最初の理科実験教室を実施しました。

 

【本文】

 理科実験教室支援活動は,佐賀市教育委員會の不登校支援機関である適応指導教室「くすの実」の要請により,理科への興味をきっかけにした子供達の就學意欲の芽生えを目的に行なっています。大學が支援する不登校支援機関での理科実験教室は全國でも數少ない活動として,平成17年に當時の工學系研究科 兒玉 浩明 教授(現佐賀大學長)が始めてから現在まで継続しており,今年で16年目にあたります。

 令和2年度は新型コロナウイルスの影響により1月遅れのスタートとなり,令和2年6月19日(金)に工學系研究科システム創成科學専攻と先進健康科學研究科先進健康科學専攻の大學院生と理工學部機能物質化學科の學部生が,理工學部化學部門 長田 聡史 教授とともに,「変わり種スライムで遊ぼう!」と題して,今年度はじめての理科実験教室を行いました。

 まず,「くすの実」の指導員の方の協力のもと新型コロナ対策に留意して実験の準備を行い,全員の自己紹介を行った後,実験を開始しました。最初に作ったオリジナルスライムは生徒たちの個性光る作品ばかりでした。続いて変わり種として,觸感の異なるもの,メタリックなもの,光るものなど様々なスライムを作成し,生徒たちはその出來栄えに歓聲をあげていました。

 

?

?

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

  佐賀大學理工學部総務

  電話 0952-28-8513

戻る

TOP

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院