?

佐賀県遺伝子検査ネットワークが発足 新型コロナウイルス変異株にも対応できる遺伝子検査體制を構築

 新型コロナウイルスの検査體制は、県內においてほぼ整備されたかと思いますが、今後は変異株の検査體制の整備が必要と考えられます。現在は県衛生薬業センターで変異株を含む新型コロナの同定検査が行われていますが、変異株の感染拡大や多様化する変異種に対して迅速に対応するためには、佐賀県全體で変異株に対応できる検査基盤の整備が必要です。

 また、COVID-19の場合、基幹施設において遺伝子検査を導入できるまで非常に長い期間を要しました。今後新たな感染癥が発生したとき、病原微生物の遺伝子配列が判明してから2週間以內に県內で遺伝子検査を実施するためには、機器整備だけでなく遺伝子検査に対応できる人材育成も欠かすことができません。

 そのため佐賀県における遺伝子検査ネットワークをつくり、勉強會や研修會を通して情報共有や技術の習得を継続的に行うための「佐賀県遺伝子検査ネットワーク」が発足しました。4月23日にスタートアップミーティングを行い、新型コロナウイルス変異株検査の普及、遺伝子検査の精度向上への取り組み、今後の學習會の計畫等について検討します。(別紙參照)

 

 

畫像をクリックすると詳細をご覧いただけますpdfアイコン

 

 

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

  佐賀大學醫學部附屬病院 検査部

  佐賀大學醫學部 臨床検査醫學講座

  教授 末岡榮三朗

  849-8501 佐賀市鍋島5-1-1

  TEL 0952-34-3243

  E-mail sueokaeizaburo (at) gmail.com

戻る

TOP

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院