?

「來てみんしゃい!佐賀大學へ」企畫 佐賀大學の最先端研究設備を使ってみよう

PRESS_RELEASE

 この度、佐賀大學総合分析実験センターにて、高校生を対象に、大學の研究設備に觸れていただくワークショップを開催いたします。今、まさに最先端の研究現場で使われている主要な研究設備を、高校生自身が操作して、大學で行われている研究の一端を體験していただきます。

 遺伝子解析コースでは、遠隔操作が出來る「全自動分注ロボット」を使ったオートメーション研究を體験します。また、昨今ニュースなどで頻繁に耳にするようになった「リアルタイムPCR」を使って遺伝子解析のポピュラーな研究手法を學び、生命科學研究への理解を深めます。

 構造観察コースでは、物體表面の超微細な構造が観察できる「走査型電子顕微鏡」を使い、10萬分の1ミリメートルの世界を體験します。さらに、普段、目で見ることができない物體の內部構造を、「3DマイクロX線CT」を使って、物體を壊さずに、そのままの形で立體的に透視します。観察したいものがあれば、當日持ち込みも可能で、観察した畫像は印刷してプレゼントいたします。

 各コースは、日頃より最先端研究設備を駆使して、本學の教育?研究を支援している技術職員等が講師として指導いたします。

 

 高校で習う物理?化學?生物?地學の先にあるサイエンスの世界を、未來の研究者である高校生に體験していただきたいので、是非、取材?広報をお願いいたします。

 

【最先端研究設備體験】

 対象  :高校生

 參加費 :無料

 定員  :各日4名程度、計16名程度

 申込方法:7月19日(月)10:00~ Webにて受付 ※先著順

 開催方法:感染癥対策を徹底したうえで、対面実施

  ※新型コロナウイルス感染癥の狀況によっては、延期もしくはオンライン開催とする場合があります

   対応狀況については【こちら】のページを隨時更新いたしますので、ご確認ください

 主催  :佐賀大學

 

  • 遺伝子解析コース

 日時  :①9月20日(月)10:00~17:00

     ②9月23日(木)10:00~17:00

 開催場所:佐賀大學 鍋島キャンパス 醫學部院生研究棟 2階 2287室

 講師  :総合分析実験センター 教務員 德山 由佳

???????????????????????????????????????????????????????   技術員 森 加奈恵

 

  • 構造観察コース

 日時  :①9月20日(月)13:00~17:00

      ②9月23日(木)13:00~17:00

 開催場所:佐賀大學 本莊キャンパス 理工學部9號館 1階 102室

 講師  :総合分析実験センター 技術専門職員 新地 姉理華

                 技術員 真瀬田 幹生

                 技術員 龍田 典子

                 技術員 吉田 貴子

 

詳細  :佐賀大學総合分析実験センターホームページ

畫像をクリックすると詳細をご覧いただけますpdfアイコン

 

【用語解説】

◆全自動分注ロボット

 液體を一定量ずつはかり取り、吐出することを分注といいます。通常、この作業を、100、200、300回…と手作業で行いますが、全自動分注ロボットでは、この操作をプログラムに従って自動で行うことができます。大変な繰り返し作業等が効率化され、研究者を助けてくれます。

 

◆リアルタイムPCR

 遺伝子が増える様子を文字通り「リアルタイム」に確認する裝置です。PCRとは「ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain?Reaction)」の略で、ウイルス等の遺伝子を増幅させて検出する技術です。生命科學研究においては非常にポピュラーな遺伝子解析方法のひとつです。

 

◆走査型電子顕微鏡

 真空中で物體表面に電子ビームを照射し、その際に物體から放出される電子を用いて撮影します。肉眼では見ることが出來ない物體表面の微細な形狀を観察するために使用される裝置です。

 

◆3DマイクロX線CT

 レントゲンなどに使われているX線を照射して、物體を破壊せずに內部を観察することができる裝置です。物質によってX線を吸収する程度が異なるので、畫像に濃淡が表れ、內部構造を観察することが出來ます。醫療用の裝置もあり、體內の出血や骨折の確認などに利用されています。

 

◆技術職員

技術職員は教員?URA?事務職員と共に、大學における世界最先端の教育?研究推進を支える大きな柱のひとつを擔っております。佐賀大學においても、様々な學部?センターにおいて、技術職員がひとりひとりの「技術」によって教育?研究を支えています。本イベントを通じて、技術職員の幅広い分野での活躍を知ってもらう機會になればと思います。

 

※URA(University Research Administrator)

研究活動の企畫?運営?成果の発信まで、多種多様な業務に攜わり大學全體の最適化を擔う職種

 

【本件に関する問い合わせ先】

  佐賀大學総合分析実験センター

  技術専門職員  新地 姉理華(しんち えりか)

  TEL:0952-28-8896

  E-mail:arces-staff@ml.cc.saga-u.ac.jp

 

戻る

TOP

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院